話題のRPAツール、何ができるの?

IT関連

RPAツールって何??

RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略で、様々な業務を自動化してくれるツールです。
例えば、PC上でアプリケーションを起動して、そこから何らかのデータをダウンロードするような業務の場合、

①ブラウザ(ChromeやFirefoxなど)を起動、もしくはアプリケーションを起動
②ログイン処理の実施(ユーザー名の入力・パスワードの入力)
③対象の画面(例えばデータをダウンロードするための画面)に移動
④ダウンロード画面上で条件(対象データの日付の設定)の指定
⑤ファイルのダウンロード+保存
⑥ダウンロードしたファイルをメールで関係者に配信

このようなロボットを作成し、自動もしくは手動で実行することが可能です。

どんなツールがあるのか

RPAツールと言っても、様々なツールがあります。

  • UiPath
  • WinActor
  • BizRobo!
  • Automation Anywhere
  • Power Automate Desktop

RPAツールを使えば、どんな業務も簡単に自動化できる・・・本当に??

様々なRPAツール開発ベンダーが口をそろえて言うのが

どんな業務も”簡単に”自動化できます!!

のようなものです。本当に簡単なのでしょうか…。。答えは「No」です。

実際、かなりの業務をRPAツールによって自動化することはできるのと、また私自身もRPAツールにはかなりお世話になっており、業務自動化の恩恵を受けているのですが、ここまでの道のりは決して楽ではありませんでした。少なくとも、「簡単に自動化」できるようなものではありませんでした。

RPAツールの導入・運用で何が大変なのか

RPAは業務を自動化するわけですが、自動化する処理の要件を整理、実装するのは当然、人間がやる作業となります。そのため、「RPAなんだから何でも勝手に自動化してくれるんじゃないの?」みたいな人には到底、使いこなせないツールです。むしろ、何らかの形でシステム開発経験がある人でないと難しいとすら感じます。

それでもRPAツールは便利!!

RPAツールを使う上で大変な事について触れましたが、それでもRPAツールは便利です。気になる人は一度、無料で利用できるツールを試してみるとよいかと思います。

UiPath (https://www.uipath.com/ja/)

Power Automate Desktop (https://flow.microsoft.com/ja-jp/desktop/)

Power Automate Desktopについては、最近無料で利用できるようになった無料のデスクトップRPAツールで、個人的には他のRPAと比べるとかなり使いやすい印象です。

一旦、自分の業務で自動化したいものについて、上記のツールで簡単なロボットを開発するところから始めてみるとよいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました