転職活動での不安を解消しよう!転職活動で発生する悩みについて

転職

転職活動には色々と悩みがいっぱい、、解決方法について教えます!

相談相手が少ない転職活動、不安やストレス解消の方法は?

これから転職をしようと考えている方、もしくは既に転職活動中の方の中には、転職活動についての悩みを人に相談できない人が多いかと思います。

今や転職はキャリア形成だけでなく、自分の希望する働き方を実現する手段としても行われていることで、実際に転職を経験している人は年々増加しています。

とは言え、会社員として働いている人にとっては、日々の生活の多くを占める仕事上で所属している、会社という一つのコミュニティを抜け、新しいコミュニティへ移動する活動と考えると、なかなか労力のいるアクションです。

これだけのアクションを起こすのに何の不安もストレスもない、なんて人はほとんどいないのではないかと思います。ただ、転職活動というアクションの属性から、比較的一人で行動するケースが多く、(転職エージェントなどを除いて)相談できる人が少なくなりがちなのは事実だと思います。

こんな中で、転職活動をしている人が直面すると思われる、転職活動中の悩み事について、対応方法を挙げてみたいと思います。

転職活動における悩み事とは?主な悩みと解決方法

身近に相談できる人がいない

先ほど挙げた通り、やはり転職の話題となると、職場の同僚には話しずらいかと思います。また、まわりに転職経験がある友人がいれば相談しやすいのですが、そのような友人がいない環境だと、転職についての相談をすると逆に

「なんで転職なんてするの?いまの会社でいいんじゃない?」

のような意見が出てくることが容易に想像でき、とても相談できる状態ではないでしょう。

あとは昨今ではコロナ禍ということもあり、在宅勤務での業務がメインとなると余計に直接相談できる機会がなくなり、ひとりで考え込んでしまう状況に陥りがちです。

対処法:社外のコミュニティを活用しましょう

会社以外のコミュニティやSNS上のつながりを活用してみましょう。

自身が所属しているコミュニティ(地域や出身学校、趣味、SNSなど)の属性にもよりますが、昨今の30代から40代くらいで考えると、基本的には約半数くらいが既に1回以上は転職を経験していると考えてしまって問題ないです。

そのため、わざわざ有料の転職メンターなどを利用する必要はなく、身の回りのひとに「実は私、転職活動初めてなんですけど、、」みたいな話をすれば、相談に乗ってくれるケースが多いかと思います。

もちろん、ある程度関係性ができていなかったり、Twitterなどでいきなり不特定多数に一気に発信してしまうと、明らかに怪しい情報商材屋が寄ってきて、高額の情報商材を売りつけようとしてくるので、その点はご注意ください。

なかなか選考が進まないことへの不安

転職活動時点で十分なキャリアや実績が積めていないケースの場合、書類選考がなかなか通らないケースがあります。特に20代~30代前半だと、まだキャリア形成の半ばのため、アピールできる絶対的な武器が少ない場合が多く、書類選考だけで落とされてしまうケースがあります。

対処法:転職エージェントを活用して、戦略をじっくり立ててから選考に臨みましょう

転職時点で十分なスキルや経験がない場合は、現状で持っている武器をどのように使って自身の力をアピールするのか等、入念に戦略を立てる必要があります。そのため、転職活動に精通したエキスパートからのアドバイスが必要不可欠になります。

転職エージェントへの登録は基本的には無料です。(求人掲載企業が成功報酬として転職エージェントに費用を払うビジネスモデルのため)
そのため、転職活動に慣れていない人はまず、いくつか転職エージェントを選び(2社~3社くらい)、キャリア面談を受けて戦略を一緒に考えてもらいましょう。

転職が決まったあとの会社の辞め方について

意外と面倒なのが、転職が決まったあとに会社を辞める手続きです。一般的には、退職前2か月くらい前に直属の上司に「〇月で会社を辞めます」と言えば、そこからは上司がさらに上の方や人事に連絡してくれて、退職までの業務の引継ぎや有休消化期間等の調整について進んでいくと思います。

ただ、組織によっては過剰な引き止め工作があったり、かたくなに退職願を受理しないケースもあったりします。このような企業はそこまで多くはないのですが、もしこのような対応を受けたら、会社側の言い分は基本的には無視して、淡々と退職日に向けた準備を進める必要があります。

対処法:基本は良い関係性のまま退職するほうが良いが、難しいときは強気の対応を

もし上司や会社が退職すること自体を受け入れてくれなくても、人事等に「〇月〇日で辞めます。最終出社は〇月〇日です。」と言い切ってしまい、それ以降は出社しないようにしましょう。

そもそも退職願をスムーズに受けれてくれない会社については、組織としてすでに破綻しているケースが多いので、まともに相手をせず、淡々と退職のための手続きを勧めましょう。嫌味を言われても全て無視、職場に迷惑を掛けたくない思いがあっても、最優先事項は自身が期日通りに退職できることなので、「迷惑がかかるから退職日を遅らせようかな、、」みたいなことは考えてはいけません。

いかがでしょうか。転職活動はスムーズにいけば2~3か月程度で終わることもあれば、なかなか良さそうな会社に出会えない場合は1年以上と長期戦になることも考えられます。

あまり根を詰めると体調を崩す原因になるため、うまくストレス解消をしながら、なるべくマイペースで進めていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました