40代・50代でも転職は可能?年齢は転職活動に影響する!?

転職

40代、50代でも転職はできる?年齢は転職に影響するのか

転職時に気になる年齢問題、転職活動に年齢制限は本当にある?

雇用に関する法律上、年齢や性別などといった情報を理由に雇用を制限することはできませんが、実際に行われている採用ではどのように考えられているのでしょうか。今回は年齢について考えてみます。

「転職35歳限界説」は本当か?

転職活動をするとき、

「転職は何歳まで可能なのか」

などということを気にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

転職活動においては「若いうちに転職したほうが良い」とか、「ある程度の年齢になったら転職は難しい」などというのは、昔からネット上ではよく見られた意見だったと思います。

果たして、このような情報は本当なのでしょうか?

そもそもなんで「転職35歳限界説」は生まれたのか

多くの方がご存じの通り、もともと日本は終身雇用制が根深く残っている国でもあり、一度就職した会社に定年まで働き務める、という習慣が強くありました。

しかし、昨今の労働市場においてはそのような人材はごく一部であり、優秀な人であればあるほど、3年から5年程度のスパンで定期的に転職を繰り返し、年収アップに加えて更に行動なスキルや経験を身に着ける、という働き方が一般的になってきています。(特に専門的なスキルが必要となる場合)

このような状況で、果たして35歳限界説などというのが現実的なのかというと・・・恐らくもう考える必要もないかと思います。

ちなみに、本ブログの著者である私も35歳を過ぎてから何回か転職をしており、そのたびに毎回、それなりに年収アップをしており、また私の友人でも同様に35歳を過ぎてから転職をして、かなり条件の良い環境に転職した人も多くいます。

私の個人的な推測ではありますが「35歳限界説(定年説)」というのは、転職がまだそこまで一般的になっていなかった状況、いわゆる「人材の流動性が低い状態」だと、35歳まで同じ会社にいるとそれなりのポジションになっているのと、また同時にそこから新たに他の会社に転職することはハードルが高いとみなされ、おおよその転職が可能な目安として、35歳という年齢が設定されたのではないでしょうか。

実は30代中盤以降の求人は結構多い、むしろ年収大幅アップのチャンスも!!

先ほど書いた通り、「転職35歳限界説」的なものはもう過去のもので、実際には35歳どころか、40代でもかなり積極的に転職が可能なのが今の転職市場です。特にITエンジニアなどの専門職については、40代どころか50代でも普通に転職が可能だったりします。

あと、20代から30代前半に比べて、30代中盤から後半のほうが一般的には年収が高くなっている状況であり、転職時には更に10%~30%程度の年収アップが狙えるタイミングのため、年収アップを目的とする場合には、30代中盤以降に転職をすることはむしろメリットが非常に大きいのです。

30代中盤以降での転職時に気を付けなければならないこと

いくら転職に年齢は関係ない、などと言っても、30代中盤というのは社会的にもそれなりに成熟した人間として扱われ、更にはビジネス上でもそれなりにスキルと経験を兼ね備えていることが前提として見られます。

そのため、

「ある一定以上のスキルや経験があること」

は前提になります。

つまり、この年齢から大きくキャリアチェンジをすることは、不可能ではないにしろ、かなりハードルが高い、と考えたほうが良いです。

もちろん、ITエンジニアなどで今のスキルを中心としつつも、メインとなる領域をずらしたい(例えばバックエンドエンジニアがデータエンジニアになる)、みたいな転職については、ある程度のスキルセットを備えた人材だったら、現実的な範囲として受け入れてくれることもあります。

脱線してしまいましたが、つまりは

  • ある領域において、高いスキルや経験を持っていること
  • プロジェクトマネジメントの経験が豊富、もしくは強いリーダーシップを持っていてチームマネジメント力が高い
  • 柔軟性が高い

このような点は前提となるため、

「大したスキルや経験はないけど、30代後半でも転職できるらしい!」

「今まで営業職だったけど給料が上がらないから、給料が良さそうなITエンジニアに転職しようかな・・・」

みたいな考えだと、なかなかうまくいないことになると思うので、気を付けてください。

大事なのは長期的な視点でのキャリアップ

結論としては昨今の転職市場では、スキルや経験さえあればそこまで不利になるケースは少ないと考えて問題ないと思います。

ちなみに私は年齢が少し気になっていて、転職エージェントに

「私は今年で40歳になったのですが、年齢的に大丈夫でしょうか・・・」

と聞いたら、

「全然平気です!というかITエンジニア足りな過ぎて、年齢とか聞いてたら採用できないことは企業側が一番知ってますからね」

などと回答を受けました。ITエンジニア、本当に不足しているのですね、、

結局、日ごろから中長期的なキャリアプランを設定して日々スキルや経験を積みつつ、状況に応じては新しいスキルの習得に励む、というような形で仕事に取り組んでいれば、転職時に困ることはないかと思います。

ご参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました