転職活動はどうやって進める?転職エージェントサービス利用のススメ

転職

転職活動はどうやって進める?転職エージェントサービス利用のススメ

沢山ある転職サービス、どれを利用して良いのか分からない方向けに、転職サービスを説明します!

実はたくさんある、転職サービス

みなさんは転職活動をされるとき、どのような方法で転職先を探しますか?

  • インターネットの転職支援サービスを使用
  • リファラル採用(友人・知人などからの紹介)
  • その他

などなど、色々な方法があるかと思いますが、おそらく多くの方はインターネットの転職サービスを使用されるケースが多いのではないでしょうか。

インターネットで利用できる転職サービス、どのようなものがあるの?

転職サービスといっても、実は内容に違いがあります。一般的には

  • 転職サイト
  • 転職支援サービス(エージェント)

これが大きな括りになるのかと思います。

とは言え、最近だと多くの場合、今までの一般的な転職サイトと転職支援サービスを両方含めて提供しているケースが多く、自分で案件を探すのか、転職支援サービスを利用するのかのどちらかを選ぶような形になるかと思います。それぞれのイメージについて、簡単に説明します。

転職サイト

リクナビNEXTやマイナビ転職など、一度は名前を聞いたことがある方はいるかと思います。中には既に登録された経験があるひともいるかと思います。

転職サイト上には多くの場合、様々な検索分類(例えば業種や職種、地域など)によって求人案件を検索できるようになっており、条件に合致した案件に対して自身で申し込みをする形の形式となります。

転職支援サービス(エージェントサービス)

転職活動をしたことがある方なら目にしたことがある、「〇〇エージェント」というサービスについては、だいたいこのサービスになります。先ほど触れた通り、最近では上記の転職サイトと転職支援サービスを両方兼ねているサービスを扱っている会社が多いため、一概に「〇〇というサービスはエージェントサービスだ」という切り分けはできないのですが、例として具体的なサービス名を挙げると、

  • マイナビAGENT
  • リクナビエージェント
  • JAC Recruitment

このあたりになるでしょうか。

転職支援サービス(エージェントサービス)は何が違うのか

先に紹介した転職サイトについて、この形式のものについては自分の意志で案件を選択して、応募することができるので比較的マイペースに転職活動をすることができます。しかし、後ほど紹介する転職支援サービス(エージェントサービス)に比べると、企業側との日程調整などを自分で都度行わないといけないなど、手間が掛かる傾向があります。

転職支援サービス(エージェントサービス)については、「エージェント(代理人)」という言葉の通り、登録者にそれぞれ担当のエージェントが付く形になり、企業側とのやり取りを全て任せる形になります。

イメージがわかない方もいるかもしれないので、簡単に転職支援サービス(エージェントサービス)を利用した時の転職活動のイメージに触れたいと思います。

  1. サービスの登録
  2. 面談の予約
  3. 面談の実施・案件への応募
  4. 応募・選考
  5. 結果連絡

1については、まずは転職エージェントサービスへの登録となります。様々なサービスがあり、またサービスごとに扱っていたり、専門としている領域が違うケースが多いので、WEBサイトなどを見て、サービスの特色を知っておくのが良いかと思います。あと、まわりに同業種の友人や知人がいる場合、おススメの転職エージェントサービスなどを聞いてみるのも良いかと思います。

2については、担当エージェントとの面談の予約になります。先ほど触れた通り、転職支援サービス(エージェントサービス)については多くの場合、担当のエージェントが付く形になるため、その担当エージェントとの面談を行う形になります。(一般的には初回のみ)

3については、担当エージェントとの面談の実施になります。職務経歴書や履歴書を基に、転職についてのヒアリングを受けます。基本的には、職務経歴書を基にした、自己紹介+キャリア説明みたいな感じになります。また、事前に職務経歴書などの情報共有をしている場合、初回の面談時にある程度、良さそうな案件を選定してくれていることもあります。その場合は、面談時に一緒に応募するのも良いかと思います。

4については、3の面談が完了後に都度、自身のキャリアに合いそうな案件を紹介してもらえるので、良さそうな案件があれば応募して選考に進む形になります。エージェントサービスにもよりますが、基本的には専用のポータルページが用意されており、そのポータルページ上で新規の求人案件の紹介や応募を行うといった形になります。

5については、4で応募した内容についての結果連絡となります。一般的な選考フローとしては、

書類選考->1次~3時面接->オファー面談->内定

のような形になるかと思います。選考が進むたびに、ポータルページ上で次回の面接希望日の日程候補日の入力を行う形になります。
※専用のポータルページがないサービスについては、メールで担当エージェントとやりとりをする形になります。

以降は4と5を繰り返し行う、といった感じになります。

エージェントサービスは無料で使える!!

いかがでしょうか。転職支援サービス(エージェントサービス)について、イメージを持つことができたでしょうか。

もしイメージが湧かない場合については、実際に登録してみることをお勧めします。基本的にはこのようなサービスは全て無料で利用できるため、転職活動を本格的に始める方はもちろん、まだ転職自体は本気で考えていないけど、情報収集はしておきたい(自身の市場価値を確認しておきたい)という人についても登録してみることをお勧めします。

エージェントサービス自体は本当にたくさんの種類があるのですが、

  • doda
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • JAC Recruitment
  • レバテックキャリア

このあたりから見てみるとよいかと思います。

あと、サービスによって得意分野が違うので、一旦は色々なサービスを見比べてみて、自身のキャリアとしての転職活動に向いてそうなサービスを選択してみることをお勧めします。もし転職エージェントを利用しての転職活動が初めてでしたら、エージェントサービスを3つくらい登録してみて、もし合わなければ、面談後特に求人案件に応募しなければそのままエージェントからも連絡が少なくなってくるので、特に問題はないかと思います。

いかがでしょうか。みなさまの転職活動に少しでも役立てば幸いです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました