なぜ給料が上がらない?転職で気を付けること3点

転職

なぜ給料が上がらない?転職で気を付けること3点について解説します

転職しても年収が思い通りに上がらなかった・・・転職をする際に気を付けることは?

転職をすれば必ず年収が上がるわけではない!?

「転職をすれば年収が上がる」

そう思って転職活動したものの、実際には対して上がらなかった、それどころか現職と同等もしくはそれ以下になってしまった、そんな方もいるのではないでしょうか。

私自身も過去に、転職で思ったほど年収が上がらなかったり、キャリアチェンジの際に大きく年収を下げたことがありました。転職というとどうしても「年収アップ」という言葉を意識しがちかと思いますが、転職の内容によっては希望している年収に届かないことや、一時的に下がるようなケースも起こりえます。特に大胆なキャリアチェンジを行った場合、基本的には年収は下がりがちです。

年収を上げる上で、転職するときにやってはいけないこと

転職をする理由は人それぞれで、必ずしも年収アップのために転職をする人ばかりではない、という点は承知の上ですが、それでも年収アップを一つの目的として転職をする人は少なくはないと思います。

今回は、「年収アップを目的とした場合」として、転職時にやってはいけないことを何点か私の体験談からお伝えできればと思います。

やってはいけないこと① 通常の転職サイトから応募すること

以前の記事で少し触れましたが、「年収を上げること」を第一に考えた場合、いわゆる一般的な転職サイトから求人案件に応募しないほうが無難です。

ここで言う一般的な転職サイトというのは、

  • リクナビ Next
  • マイナビ転職

といったようなサイトです。(担当エージェントが付かない形態のもの)

一般的な転職サイトについては、基本的には全て自身で会社とやり取りをしないといけないため、給与面などで交渉するのが難しく、また掲載されている年収の条件がほぼそのまま適用される印象が強いです。

エージェントサービスを利用した場合については、年収についても可能な限り、エージェントが企業側と交渉してくれるケースが多いため、状況によっては提示額より年収がアップになるケースもあります。

やってはいけないこと② オファー面談時に複数の選択肢がない

オファー面談とは、転職活動において、最終面接が完了して内定が出た後、待遇等についての確認を行うための面談となります。

オファー面談については主に勤務開始日、年収等の条件などについて説明を受ける形になります。この時点で既にエージェントからは条件面についての確認はしているため、企業側の人事などと最終的な調整をする場となります。その際に人事から直接、「希望年収はいくらですか」と聞かれることも多く、それに対して回答する必要があります。

この際に既に他の企業で内定が出ている場合、それを材料に金額の交渉がしやすくなります。他に内定を受けている企業がいないと希望金額の妥当性を説明するのが難しいのですが、他に内定をもらっている企業があり、その企業はxxx万円出すと言っている、などという状況になっていれば、かなり有利に交渉を進めることができます。

やってはいけないこと③ スキルや技術が十分でない

転職をする上でこれは元も子もないのですが、応募する案件のJDに記載されているスキルセットに対して、十分なスキルや技術、経験がない場合です。

当たり前の話になってしまいますが、企業側は基本的には即戦力を募集しているため、可能な限り掲載しているJDのスキルセットを満たしている人材を欲しがっています。

しかし、企業側が出している条件の人材がどうしても見つからない場合などについては、その時点では即戦力になり得なくても、入社後にキャッチアップしてくれることを期待したいわゆる「ポテンシャル採用」のようなケースもあります。

この場合については本来、欲しがっていた条件の人材に払う予定の年収より低い金額を提示することになるのは仕方がないことかと思います。もちろん、キャリアチェンジや未経験分野についての転職についてはこのような形での転職はアリなのですが、今回の「年収アップのための転職」として考えた場合にはNGとなります。

転職時にはエージェントサービスの利用がおススメ

転職活動にはやはり、エージェントサービスの利用がおススメです。登録をした後に担当のエージェントと一度面談し(最近はオンラインがメイン)、その後に希望の条件に合う求人案件を定期的に共有してもらい、気に入った案件に応募する形になります。

特に便利な点としては、エージェント側で用意されている専用のポータルサイトなどを利用して、求人の確認や応募はもちろん、日程調整依頼も簡単にできます。選考ごとに都度、このようなポータルサイトから希望の日程入力を行い、その後の調整については担当エージェントが企業側と調整を行ってくれる仕組みになっています。

転職活動時には基本的には複数の求人案件に対して同時に選考が進むような状況になるケースが非常に多いため、都度メールで企業の担当者と連絡を取るのは大変になります。そのため、本記事で触れた給与面での交渉などはもちろん、転職活動の負担を減らすためにもエージェントサービスを利用することをおススメします。

前回の記事でも書いていますが、以下の主要なエージェントサービスを始め、様々なサービスがあります。

  • マイナビAGENT
  • リクナビエージェント
  • JAC Recruitment

利用はもちろん無料、登録してからもしエージェントとの相性が合わなかったり、希望している求人案件が紹介されないようでしたら利用を停止しても大丈夫です。

いかがでしょうか。みなさまの転職活動に活かしていただければ幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました