ついにインターネットエクスプローラー(IE)のサポートが終了!準備は大丈夫?

ビジネス

ついにインターネットエクスプローラー(IE)のサポートが終了!準備は大丈夫?

2022年6月16日、ついにIEのサポートが終了!!

2022年6月16日(日本時間)、ついにウェブブラウザであるInternet Explorer(IE)のサポートが終了します。ちなみにIEは1995年に登場したウェブブラウザで、主にウェブサイトの閲覧をするために使われるサービスです。

昨今ではウェブブラウザとしてはGoogle Chrome(クローム)がメインで使われることが多く、IEを使う方はだいぶ少なくなってはいるものの、それでもIEは長年利用されてきたウェブブラウザということもあり、現時点でもIEを利用している方は結構いるのではないかと思われます。

以下は日経新聞に取り上げられていた、IEのサポート終了に関する記事です。

マイクロソフト「IE」に幕 企業や官公庁の対応遅れ
米マイクロソフトはウェブ閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」のサポートを15日(日本時間16日)に終了する。1995年に登場し、一時は圧倒的なシェアだったが、表示速度の遅さや独自仕様に伴う開発のしにくさから徐々に利用者を失った。国内では3月時点で約5割の企業が使っているほか、特に公的機関のサイトでも対...

ウェブブラウザのサポート終了がなぜ話題になるのか

なぜ、ここまでウェブブラウザのサポート終了についての話が話題になるのでしょうか。その理由についてご説明します。

昨今では様々なシステムがWEBサービスとして動いており、そのシステムを使う際には必ずIEやChromeのようなウェブブラウザを利用する必要があります。ただ、システムによっては特定のウェブブラウザでしか利用できないケースというものが存在します。

なぜそのようなことが起こるのかというと、対象のWEBサービスを開発する際に、ITエンジニアはそのサービスの仕様を整理し、何のウェブブラウザを利用して表示させるのか等細かい要件を整理した上で設計・開発を行います。

最近のシステムについては基本的にはChromeを中心に、他のウェブブラウザでも使えるように開発されていることがほとんどですが、昔のシステムは特定のウェブブラウザでしか閲覧できないように開発されていることも少なくありません。

そのため、ウェブブラウザについてはバージョンが変わるだけでも今まで動いていたシステムが動かなくなるなど、システムの運用面において色々と大きな影響を与えてきました。このようにバージョンの変更だけでも影響があったのに、ウェブブラウザ自体が使えなくなるわけなので、その影響が小さいわけがありません。

IEだけでしか動かないシステムはどうなる?

基本的には、IEだけでしか動かないシステムについては、他のウェブブラウザでは動かない(サイトが開けない、もしくは開いても正しく使えない)ので、そのWEBサイト(サービス)自体をChromeやEdgeなどで使えるように改修する必要があります。とは言え、システムの改修はとてもお金が掛かります。

ですが、今回はもしかしたら簡単にこの課題が解決できるかもしれません。その方法についてご説明をしたいと思います。

もしかしたら、この記事を見ている方の中では、

「あれ、うちの会社の経理システム、IEじゃないと動かないんだけど・・・」

とか

「IEでしか動かないシステムは他のウェブブラウザで動くように改修しないといけないの?」

みたいな人がいるかもしれません。

そのような方は、次の「Edge(エッジ)のIEモードを利用してウェブサイトを開く方法」を見ていただければと思います。

Microsoft Edge(エッジ)のIEモードを利用してウェブサイトを開く方法

Edge(エッジ)とはIEと同様に、Microsoftが2015年に開発したウェブブラウザです。Microsoftとしては、IEのユーザーに対してはサービス終了後、このEdgeをウェブブラウザとして利用してもらうことを想定していたのでしょうが、現状ではウェブブラウザのシェアはほぼChromeとなっています。

ただ、EdgeについてはMicrosoftがIEの後継的な位置づけで開発をしていたという経緯もあり、IEでしか動かなかったシステムについても、Edgeで動かす仕組みが組み込まれています。その仕組みとは「Internet Explorerモード」という機能で、Edgeの中でIEを動かすようなイメージの機能となります。

利用方法について簡単にご説明すると、

①Edgeで対象のWEBサイト開く

②Edgeの画面右上の「・・・」から「Internet Explorerモードで再読み込みする」を選択

③「このページはInternet Explorerモードで開かれています」を確認する

これだけです。とても簡単ですね。

IEでしか動かないシステムは本当にEdgeのIEモードで動くのか

IEだけでしか動かないシステムについて、Microsoftとしては基本的には先ほどのEdge上でのIEモードで起動すると言っているものの、実際に全てのシステムがIEと同じように動くことが保証されているわけではありません。

実際にIEが使えなくなるのは2022年6月16日以降なので、現時点(本記事の執筆日は2022年6月14日)ではまだどうなるのか判明していない状態です。

官公庁など、比較的古いシステムを使っている組織だと、IEでしか動かないシステムを運用している可能性があるため、今後どのような影響が出るのかは不明ですが、問題がなければよいと思っています。

ちなみに、私の職場でもIEでしか動かないと言われていたシステムがいくつかあったのですが、今のところこのIEモードでほとんど(というか全て)のシステムが動くことの検証ができているので、とりあえずはIEのサービス停止に伴う影響は私のまわりでは大丈夫かなと楽観的には見ています。

まだIEのサポート終了についての対応が完了していない方はぜひ、本記事を参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました