未経験エンジニア転職に向けて知っておくべきこと

転職

未経験エンジニア転職に向けて知っておくべきこと

まだまだ続く?未経験からのITエンジニア転職ブーム

昨今、「未経験エンジニア転職」「駆け出しエンジニア」のような言葉を頻繁に見かけます。様々なケースがあるかと思いますが、どうやら非ITの仕事からITエンジニアにキャリアチェンジしたいと考えている人が多いような印象です。

一時期はインフルエンサーの情報発信に影響されてプログラミングを勉強する人が多かった印象ですが、最近だと現在の仕事(職種)に将来的を感じられず、他の職種に移ったほうが良いのではと考えてその結果、ITエンジニア(プログラマ含む)にキャリアチェンジしたいと思い立った人も少なくないようです。

ITエンジニアは流動性が高い仕事

新しくITエンジニアに挑戦する人は増えているものの、その一方でITエンジニアを辞めて他の職種に移る人も少なくありません。私も身の回りでそのような人を多く見てきました。もちろん、これは未経験でITエンジニアになった人だけの話ではなく、ある程度ITエンジニアとして経験がある人にも良くあることです。

未経験でITエンジニアになった人が仕事についていけずに1年以内に退職するような話がある一方で、ITエンジニアとして3~5年くらい経験のある人が他の職種に移るケースもかなり多いのです。そのような人たちにITエンジニアを辞めた話を聞くと、みんな口をそろえて言うのが「私はITには向いていなかった」という言葉です。

後で詳しく触れますが、ITエンジニアはとにかく適正が大事です。どんなに能力があっても、適性がなければ辛くてとても続けられない仕事です。

ITエンジニアとして働く上で大変なこと

仕事をするにあたり、どのようなことに対してストレスを感じるかは人それぞれだと思います。あくまで私個人の考えではありますが、ITエンジニアとしてストレスや精神的な負荷がかかる理由の一つとして、仕事の中で分からないことがほぼ無限に出てくることかと思います。

分からないことをどのように解決するかについて、組織(会社)で働いている場合だと上司や先輩などに質問して解決するのが基本的な解決手段かと思います。ただ先ほど触れた通り、ITエンジニアの仕事については文字通り分からないことが無限に発生します。それをその都度上司や先輩に聞いてたらキリがありません。

また、上司や先輩は基本的には超多忙のため、そもそも時間を取ってもらって一から教えてもらうこと自体が非常に困難です。そのため、基本的なことは自身で解決できる状態にしておくことが最低限必要になります。ただ、そのような状態になるためには、平日の仕事後や休日に勉強することは必須となります。

日常的に勉強をする習慣が身についている人はそこまで苦にはならないかと思いますが、「週末くらいはゆっくりしたい」という考えの人にはなかなか厳しい仕事かなと思います。

わからないことがなかなか解決できず、仕事後は毎日夜遅くまで勉強、休日も更に勉強するものの、でもまだ全然分からない、こんな日々を繰り返すことになるので、だんだん精神的に辛くなって鬱になる、こんな話はITエンジニアにとって日常茶飯事です。

ITエンジニアはポテンシャルが求められる仕事

ITエンジニアとして仕事をしていく上では、何かと明確な答えがない課題に直面します。その都度、自分自身で解決方法を考え、行動をしていく必要があるので、ITエンジニアにはそれなりの能力が必要であることは言うまでもありません。

また、優秀な人もそうでない人も、かなりの割合でプライベートのうちのかなりの時間を技術的な面でのインプット・アウトプットに割くことになります。TwitterでITエンジニアのアカウントをフォローすると、平日の夜はもちろん、休日も普通に技術的なインプット、アウトプットを継続して行っており、それをブログにアップしたり、自身で勉強会を開いたりなど、私が見ても「頭がおかしいのではないか」というくらいにみんな勉強しています。

脅しではないですが、そのような人たちと一緒に働くことがどういうことなのか、自分自身に何が求められるのかは多少なりとも覚悟を持っておいたほうが良いかと思います。

それでもITエンジニアになりたいのであれば挑戦するのみ!

ここまで記事を読んでいただき、「それでもITエンジニアになりたい!!」と言うのであれば、(気持ち的には)適性はあるかと思います。あと、ここまで読んでいただければ想像がつくかと思いますが、基本的にはITエンジニア職は根性でやる仕事ではありません。夜遅くや休日に勉強と言うと「とにかく努力が必要な仕事」と思うかもしれませんが、そもそも努力で休日に勉強なんかできません。(と私は考えています)

私自身は全く優秀なエンジニアではないですし、基本的には努力できないタイプの人間です。それでも暇なときには技術書を読んだり、新しい技術を身につけるためにプログラムを書いたり、インフラを構築したりなど試行錯誤を繰り返したり、身につけたことをブログにアップしたりする習慣はあります。これが努力なのかと言うと全然そんなことはなく、ただ何となく面白そうなことをやっているだけ、という感覚です。そして私のまわりのITエンジニアは9割方はこのタイプの人間です。

あと最初のほうに触れましたが、ITエンジニアは適性が命です。言うなれば、とにかく向き不向きが極端に出る仕事です。仕事に関連する技術はもちろん、仕事に関係ない技術についても自然に学んで身につけるということを自然に行えるかどうかは、能力というより完全に適正の問題です。なので、興味がある人は一旦ITエンジニアをやってみて、向いていなかったらまた他の道を探す、くらいの気持ちでいいかと思います。ただ、一旦路線変更をするということはそれにともなうリスクも当然ありますので、その点は各自でリスクヘッジが必要かと思います。

未経験者はプログラミングスクールに行ったほうが良い?

プログラミングスクールは行ったほうがいいのか、この問いに対しては恐らく現役のITエンジニアの7割~8割は「必要ない」と答えるでしょう。ただ、必要かどうかはあくまで本人が判断することなので、人に相談するのではなく、自身で考えてどのように行動するか答えにたどりついたほうが良いと私は考えます。

そもそも、「プログラミングスクールに行ったほうがいいのか」などと言う問いに対して、それが必要かどうかは個人の能力や環境によって異なるため、答えがあるわけがないです。必要であると思えば行けばよい、そうでなければそれ以外での勉強方法を考えて実行すればよいのです。

個人的には一点、プログラミングスクールの良い点としては「質問し放題」というところは魅力的な点だと思います。これは先ほど書いた通り、仕事をしていく上でストレスや精神的な負担になる要因の一つであり、それを解消できる可能性がある、という点では活用する意味はあるかもしれません。

以下にプログラミングスクールに関する情報(アフィリエイトリンク)を貼っておきます。無料体験やカウンセリングがあるので、興味があれば見ていただければと思います。

受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

テックアカデミー無料体験

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました