人によって最適な職場が異なるという話

転職

人によって最適な職場が異なるという話

最適な仕事環境とは何か

本記事では「人によって最適な職場環境は異なる」ということについて触れていきたいと思います。

昨今では一昔前と比べて転職自体が当たり前となり、職場を自分の意思で選びやすい環境になっているかと思います。その一方で、自由に環境を選べるからこそ余計に「自分に向いている仕事や組織が分からない」という状況に陥りがちです。

このような状況において、どのような環境が自分に向いているのか、また自分自身のパフォーマンスを高めることができるのかを知っておくことで、仕事はもちろん、日々の生活においての満足度も向上するものと考えます。

良い職場とは何か、どんな環境で働くのが良いか

それでは実際に働く上で、みなさんはどんな組織で働きたいと思うのでしょうか。

恐らく、以下のような点を意識する方が多いのではないかと思います。

  • 待遇面に不満がない(十分な給与がもらえる)
  • 仕事内容が自分に合っている(キャリアの方向性も含めて)
  • 人間関係に不満がない

働く環境は非常に重要であり、なるべくなら妥協はしないほうが良いかと思いますがその一方で、上記の点を全て満たすような環境はなかなか存在しません。そのため、自身にとって重要なものをきちんと優先順位をつけて、それらを考慮した上で自身にあった職場を探すのが良いかと思います。

高年収の仕事が必ずしも最適な仕事環境とは限らない?

働く環境を選ぶ上で、恐らく多くの人が給与について意識するかと思います。ただ、給料だけが高くて他の要素(人間関係が悪い、残業が多く休みが取れない等)が整っていないと、体調やメンタルが壊れて、仕事どころではなくなってしまいます。

また、仮に20代で年収を大幅に上げたいと思っても、そもそも十分なスキルや経験がなかったり、また上がったとしてもそこまでインパクトのある金額にはなりずらいのが現状です。

各ステージごとで優先順位を明確にしてみよう!

分かりやすいのは年齢や家族構成ごとで優先順位を変えていくという方法です。また自身で経験した仕事内容も含めるというのもありかと思います。

20代のころはスキルや経験もなく給料が上げづらいからまずは自身に必要な経験を積むためのプロジェクトに多く参画できる組織を選ぶ

30代中盤になって様々なスキルや経験を身につけ、転職市場でも評価されていることが実感できているので、年収をベースに組織を選ぶ

40代になって経済的な余裕ができて、これからは家族との時間も大事にしたいので労働環境面(残業が少ない等)をベースに組織を選ぶ

このような感じで年齢というステージごとで優先順位を変えていくというのもありかと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました