SIerのトレンド入りを見て感じたこと

ポエム

SIerのトレンド入りを見て感じたこと

またまたSIerがトレンド入り!!

Twitterでは定期的に”SIer”がトレンドに入ります。SIerとはSI(System Integration)をする人、もしくはする組織等を指す言葉で、エスアイアー(もしくはエスアイラー)と読みます。(諸説あり)

つい先日もトレンドにSIerが入り、タイムラインがカオスになっていました。。なぜSIerがトレンドに入るほど話題になるのかと言うと、実は一つの理由からは説明できず、複合的な要因が絡まっていると思われます。

個人的には以下の3つの論点?が関わっているように感じました。

  • インフルエンサーの〇〇さんが「SIer・SESはオワコンだ」と言ってるから
  • Web開発系のエンジニアと比べて、SIer・SESは技術が身につかない
  • (なんか分からないけど)とりあえずSIer・SESは良くない

一応、上記3つについて簡単にコメントしてみたいと思います。

1つめについては、自分自身ではあまり理解していない(もしくは経験したことがない)ものの、(自分にとって)信頼できるインフルエンサーの〇〇さんが「SIer・SESはオワコンだ」、「WEB業界に転職しろ」と言っているようなものをそのまま鵜呑みにしているケースです。

まあ「SIer・SESは~」にたいしてはそこまで否定はしませんが、ITに関わる人間として必要なビジネスの理解、産業構造くらいは把握しておいたほうが良いかなと思います。言うまでもないですが、事業会社内のWEB開発エンジニアについても、実際には多くが外注しており、その外注先はSIer・SESです。

2つめについては、これはそもそもWEB開発とSIer(SES)の対比ではなく、事業会社の開発エンジニア(事業会社側)とSIer・SES(ITベンダー側)との比較の問題です。技術的なレベル等については(まともな会社という前提であれば)SIer・SESのほうが本来は高くなります。とは言え、まともなSIer・SESがどれだけいるのかを考えると、現実的には事業会社の開発チームのほうが技術的なレベルも高くなるかも、という気はします。

3つめは・・・まあ、、SNS界隈などでは誰かが叩いていると一緒になって叩きたくなる病気の人が一定数いるので、そんなひともいるのだなあ、と覚えて置いていただければと。。

私自身はSIerとしての経験はそこそこあり、またいわゆるWEB界隈の会社でも働いたことがあるので両方のイメージを持っているだけに、それなりに情報の取捨選択はできるのですが、実際に実務経験がない人が正しい情報を判断するというのは至難の業です。とは言え、世の中には情報弱者を狙った詐欺師がウヨウヨしており、少し弱みを見せようとすれば(例えば #駆け出しエン〇ニアと繋がりたい みたいなハッシュタグを使う等)、情報商材屋が寄ってきます。正しい知識を身につけて、自分の身は自分で守れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました