仕事を辞めたい人へ – 会社は辞めたい時に辞めて良い –

ポエム

ムリして仕事を続けてませんか?常に複数の選択肢を持つことで柔軟に動ける環境を整えましょう

Twitterで見かける仕事への愚痴・・・不満を漏らすより先にやるべきことをしましょう

TwitterなどSNSを見ていると、何かと仕事の愚痴のようなものを多く見かけます。主に上司や同僚、部下に対してのものなど様々なものがあるわけですが、中には「さすがにその職場環境はマズいだろ」とか、「いやいや、今すぐ辞めたほうがいいだろ」みたいな感じの投稿も見かけます。

仕事をする上では色々なストレスを受けることが多いかと思いますが、それが耐えられる程度のものであれば問題ないのですが、中には明らかにストレスの許容量を超えているのではないか、というものをちらほら見かけます。

言うまでもありませんが、強いストレスを受け続けると人は体調やメンタルを壊します。これが分かっていれば、通常以上のストレスが掛かっている状態からすぐ抜け出すような行動をするはずだし、強引にでも抜け出さなければなりません。そのような状況下において、「今の状態で辞めたらまわりに迷惑が掛かる」などの考慮は一切必要ありません。むしろ考慮すべきではありません。

なぜ辞めたい仕事を辞められない?

ここまで触れてきた内容を受けて、恐らく「辞めたいけど辞めたら収入源が無くなるから辞められない」とか、「辞めたら今の職場の人に迷惑が掛かるから」みたいな謎の論理で回答をする人がいます。恐らく正常な精神状況ならこのような思考にはならないはずですが、極度にメンタルを病んでいる人はこのような思考になってしまうようです。

収入源については今や誰でも知っている生活保護を受ければよいですし(申請が少し面倒ですが、、)、辞めた後の職場のことを考えるのは残った人たちがやることであって、辞める人は何もする必要はありません。今後、多くの人は少なくとも3~5回程度は転職をすることになるわけで、そのたびに辞める職場の環境について考えてもキリがありません。

ただ、辞めたい時に仕事を辞める、という一見当たり前の行動ですが、実行できる人とそうでない人に大きな差があるように感じます。その中の理由のひとつに、「辞めることを選択肢として常に持っている」ことがあるかと思います。

常に複数の選択肢(転職、副業、業務委託(フリーランス))を持つこと

最近だと副業自体も以前よりは活発になってきた印象ですが、これはもちろん現在の収入に対して上乗せするという意味もありますが、それ以上に複数の収入源を持つことで本業にたいしての依存度を下げる、ということの重要度のほうが高いと私は考えています。

理想としては会社員をしている人は常日頃から、今の職場以外でも通じる汎用的なスキル習得に励むことが重要、というかこれをやらないという選択肢はないです。また実際にスキル習得をしながら、会社以外の別の(まともな)コミュニティに参加してインプット・アウトプットの機会を持つことが重要です。

これを続けていくことによって、いつでも会社を辞められる状況を整えることができ、そうなると会社からの理不尽な扱いに対しても受け身ではなく、積極的に自身から行動を起こすことができるようになります。

ただ、このような環境を作る前にメンタルをやられてしまったりして正常な判断ができない状態になってしまった人はまずは素直に会社を辞めて、いち早く生活保護を受ける体制を整え、その後に時間をかけてゆっくりと体制を立て直しましょう。くれぐれも「お金がないから仕事を辞められない」などという考えを持たないようにすることが大事です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました