初めて転職活動をするときの転職エージェントの使い方について

転職

初めて転職活動をする際の転職エージェントの使い方について

転職エージェントサービス、利用したことありますか?

本記事では転職エージェントサービスの使い方についてご説明したいと思います。まだ転職や転職活動を経験したことがない人もいるかと思いますが、そのような方はぜひ本記事を通して転職エージェントサービスの利用方法についてイメージを持っていただければと思います。

本記事を読んでほしい人

  • まだ転職や転職活動を一度も経験したことがない人
  • 転職や転職活動を経験したことはあるが、転職エージェントサービスを利用したことがない人

転職活動に必須!?転職エージェントの使い方について

転職時に転職エージェントを利用をするケースが年々増えている状況となっています。その理由としてはやはり、各種メディアやインフルエンサーが転職時には転職エージェントの理由が必須である旨、発信を続けてきたことによる影響かと思っています。

私自身、過去に5回ほど転職を経験しており、そのうち半分程度は転職エージェントにお世話になっております。

元々は転職エージェント自体の仕組みを理解しておりませんでしたが、一度転職エージェントでの転職活動に慣れると、通常の転職サービスを利用した転職活動を行うことが面倒に感じてしまいます。そのくらい、転職活動時における転職エージェントサービスの利用は利便性が高いということかと思います。

転職エージェントサービスとは一体何なのか

転職や転職活動の経験がない方からすると、転職エージェント(サービス)とは一体何なのか、イメージがつかない方もいるかと思います。昨今では非常に多くの方が当たり前のように転職を行う環境が整っているため、世の中にもそのような転職希望者を支援する企業やその企業によって作成されたサービスが沢山あります。

大まかに分けると

  • 自身で転職先を調べる転職サービス
  • 担当コンサルタントが希望条件を基に転職先の候補を選ぶエージェントサービス

この2点かと思います。

前者については記載している通り、自分自身で実際に転職先企業を探して直接応募する形のイメージです。具体的に転職先が明確になっている場合には有効な方法かと思います。

後者についてはいわゆる転職エージェント企業が提供するエージェントサービスを利用して、転職希望者に対して担当コンサルタントが割り当てられて、そのコンサルタントに自身の今までの経歴や今後のキャリアの方向性を面談によって共有し、そのうえで希望業種・職種、また年収などの条件を設定してそれに該当する企業を選定してもらい、その中から自身で興味がある企業に対して応募する、といった形になります。

この場合はどちらかと言うと具体的な転職先企業が決まっているわけではないが、自身のキャリアの方向性や条件がある程度決まっており、その条件の企業があれば転職先の対象になる、という方に対して向いているサービスかと思います。

どちらのサービスが優れているかというよりは、必要に応じて使い分ける形にはなるかと思いますが、実際には特定の企業を狙い撃ちして転職活動をすることは稀で、ある程度の条件やキャリアの方向性が明確になっていて、その条件面を満たす企業を探すことのほうが多い可能性が高いかと思うので、実質的には転職活動時にはとりあえずは転職エージェントを利用するのが良いのではと考えています。

転職エージェントサービスはどこを選べばよいか

転職エージェントサービスを提供している企業はかなりたくさんあり、中には多くの人がテレビCMや電車内の広告で一度は見たことがあるかと思います。

転職エージェントサービスについては企業ごとに以下のような特色があります。

  1. 取り扱っている案件数(求人情報数)
  2. 得意としている業種・職種など
  3. コンサルタントの質

1については大手の転職エージェントサービスについてはそこまで違いはありません。2についてはサービスの運営元によって大きく異なることがあります。特にITエンジニアなどの専門職種については、それを専門領域として扱っているような転職エージェントサービスも存在します。3については、正直どの企業でも当たりはずれがあります。(というか実際にはコンサルタントとの相性によるところがあるかと思います。)

上記から、一旦は案件数の多いところ+自身の専門領域をカバーしているところ、この2つの点で転職エージェントに登録するのが良いかと思います。

ITエンジニアにおススメの転職エージェント

私が過去に実際に登録・利用したことのある転職エージェントについて、簡単に説明したいと思います。

マイナビは恐らく、広告などで見たことが多い人もいるかと思います。人材関連ビジネスを行っている企業では最大手の1社であり、取り扱っている案件数もかなり多いです。また最近では様々な専門職種ごとのサービスの展開も行っており、大手らしくサポートしてくれる体制もしっかりしており、初めて転職活動をする方にとってはまず最初に登録しておいたほうがよい転職エージェントサービスかと思います。

dodaについては、こちらも人材関連ビジネスでは最大手の1社であるパーソルグループが運営するサービスであり、マイナビ転職と同様に多くの案件と安定したサポートを提供してくれます。こちらも初めて転職活動をする際に登録しておくと良いサービスの一つかと思います。

ギークリーについはもしかしたら聞いたことがない方も多いかもしれません。こちらは主にIT業界の人材を中心にした求人案件を取り扱っている転職エージェントサービスを運営している企業となります。大手の転職エージェントサービスだと、求人案件についてどうしても広く、浅く扱うことになるため、例えばクライアント企業(実際に求人募集をしている会社)がどのような人材を求めているかについて、理解が薄い場合が多々あります。その点ではギークリーのようなITに特化したエージェントサービスを行っている企業のコンサルタントは、求人案件の詳細を他社に比べて理解していたり、また理解できていない内容についても柔軟にクライアント企業に確認してくれたりと、柔軟に対応してくれることが多いです。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

無料で登録できる!とりあえずは2~3つ登録してみるのがおススメ

初めて転職活動をする方は、まずは2~3つほどのサービスに登録しておくのが良いかと思います。登録時には自身の履歴書や職務経歴書に記載するような内容を各サイトのフォームに入力する形になります。どの企業のエージェントサービスでも大抵は同じ内容を記入する形になるため、まずは先に履歴書や職務経歴書を作成してしまい、その内容を基に必要な項目をコピペする形で進めれば、そこまで時間はかかりません。

↓こちらから登録できます

doda

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

マイナビエージェント

もし初めての転職活動で進め方がわからない(特に職務経歴書の書き方がわからない)場合については、記入できる項目だけ入力し、職務経歴書の書き方を転職エージェント企業の担当コンサルタントに相談するのも、エージェントサービスの使い方としてはアリかと思います。

転職エージェントサービスの最大のメリットはなんと言っても、そのサービスを無料で利用できる点です。一般的に無料のサービスと言うと怪しく感じてしまうことがあるかと思います。ただ、転職エージェントサービスについては、クライアント企業がエージェント経由で内定・入社した場合には、その成功報酬として年収の30%前後を手数料として受け取る形になっています。

そのため、転職エージェントサービスを利用するユーザーとしては、1円もお金を払わなくて良いという、とても優良な仕組みのもとに成り立っているビジネスなのです。(もちろんクライアント企業としては高い手数料を負担しているのでリスクはありますが)

ぜひ転職エージェントをうまく活用して、本記事を読んでいただいた方の転職活動が成功することを願っております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました