(ポエム)ITパスポートは良い試験だけどビジネスレベルではもう一歩上のITリテラシーが必要という話

ポエム

非IT職にもITリテラシーは必須。自身の身を守るためにもITリテラシーを高めよう

IT関連メディアが平気でデマ記事を書く時代、何を信じるべきか

例のWeb3界隈の記事を見て、最近は日〇新聞のような比較的有名なメディアであっても、
信憑性の低い情報を平気で発信する時代となったと実感しました。

これは単純にメディア側のリテラシーの低下はもちろんのこと、特に今回のITのような専門的な領域となると、
理解している人の情報発信以外は信用できない、ということに他なりません。

でも、大手新聞社が運営するITメディアの情報が信用できないとなると、我々は何を信用すれば良いのでしょうか・・・
ありきたりな話ではありますが、やはりITリテラシーの底上げは必須になるかと思います。(もちろんそれだけではダメですが・・・)

そのために必要なこととして、昨今では企業などでもITパスポートのような資格試験の受験を必須にするところも増えているとのことです。
私自身も一応、ITパスポートは受験してみましたが、想像してたよりしっかりしてた試験でした。
ただ、ビジネスに関わる人としては、非ITの人であってももう1ランク上の知識が必要であるかなと感じました。
具体的には基本情報技術者レベルと言ったところでしょうか。

ちなみに2、3年前くらいの時には、非IT職にはさすがに基本情報レベルはいらないだろ、と思っていたことがありました。
しかし、昨今のビジネス環境の急激な変化や、多種多様なサービス・プロダクトとどのようにうまく付き合っていくかを考えると、
セキュリティはもちろん、ネットワークやデータベースについてもそれなりに知識がないと、ビジネス上でITに関わるときに
困るかなという実感です。

あとは先ほど触れたように、一見正しいことを書いているようなメディアのIT関連記事は、多くの場合はITリテラシーがほんどない記者が書いています。
Web3の記事についても、日〇新聞の人が暴露していた通り、結局ITを何もわかってない人が妄想で書いているレベルの内容です。

そのような記事を見た時に、「これはそもそも技術的に実現ムリなのでは・・・」などとイメージを持てるようになることが重要なのです。
別にコードを書いてアプリケーションを作れ、というわけではなく、「仕組みを何となくイメージできるレベル」になることが重要です。

まあ別に基本情報試験を絶対受けろというわけではなく、ITパスポートレベルだとITリテラシーのレベルとしては厳しいよ、という話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました