簡単にできる!WSL2を利用したLinux開発環境構築手順-WSL2インストール編

インフラ関連

簡単にできる!WSL2を利用したLinux開発環境構築手順-WSL2インストール編

Windowsで開発環境を作るなら、WSL2がおススメ!

ITエンジニアの方にとって開発環境は重要です。特にOSはその開発環境を整える上でも土台になるものであるため、自分に合う開発環境を作るためにはOSの選定も重要です。

OSの選定というと一般的にはWindows・Macあたりが最初の選択肢に出てくるかと思います。私の個人的な感覚からすると、ITエンジニア(特にWEB開発系のエンジニア)はMacを利用している人が少し目立つ印象があります。

最近ではプログラミングを学ぶためのスクールも増えており、これらのスクールでは新しくプログラミングを学ぶ際の開発環境について、Macを基にした環境構築を行うことが多いらしく、また最近ではWEB開発からプログラミングに入る人も多くなり、Macのほうが開発環境が作りやすいなどという話もちらほら聞きます。

Windowsでも開発環境は作れるのですが、OSとしてWindowsを利用した開発環境は少し癖があるので、Windowsで開発環境を作る際にはWSL2を利用することをおススメします。WSL2はWindows上でLinux環境を簡単に作れる仕組みです。

これからの開発環境はWSL2+Docker+VScodeで決まり?

3年くらい前まではWindows上でLinuxの開発環境を構築する場合、VirtualBOXとVagrantをインストールしてLinuxの仮想環境を作る方法が主流となっており、環境構築に手間が掛かっていました。しかし、本ブログに記載のあるWSL2の環境構築は非常に簡単です。

ちなみにWSL2とは”Windows Subsystem for Linux 2″の略で、先ほど触れた通りWindows上で動くLinuxです。

WSL2はWindows上でありながらも、Linuxカーネルがほぼそのまま動くようなイメージでLinux環境を利用することができるため、プログラミングのための開発環境の構築が非常に行いやすいです。また、WSL2ではDockerも動くため、WSL2と組み合わせてDockerを利用することで、更に使い勝手の良い開発環境構築を行うことができます。

WSL2のインストール方法

前置きが少し長くなりました。まずはWindows上でLinux環境を構築するために、WSL2のインストール方法について説明します。
※以下、Microsoftのドキュメント「Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド」を参考に作成したものとなります。

Linux 用 Windows サブシステムを有効にする

まずはPower Shellを管理者として起動し、以下のコマンドを実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

仮想マシンの機能を有効にする

Power Shell上で仮想マシンプラットフォームオプション機能を有効にする必要があります。以下のコマンドを実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

完了したらPCを再起動します。

Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードする

以下のURLから、Linuxカーネル更新プログラムをダウンロードします。

https://wslstorestorage.blob.core.windows.net/wslblob/wsl_update_x64.msi

WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

PowerShellを開き、以下のコマンドを実行します。

wsl --set-default-version 2

Linuxディストリビューションをインストールする

Microsoft StoreからLinuxディストリビューションをインストールします。ここではUbuntu 20.04 LTSをインストールします。

Get $Ubuntu 20.04 from the Microsoft Store
Ubuntu 20.04 LTS on Windows allows you to use Ubuntu Terminal and run Ubuntu command line utilities including bash, ssh, git, apt and many more. Please note ...

ここまでの手順でWSL2のインストールが完了しました。
次回はDockerのインストール手順について説明したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました